突然の出張や旅行の時も安心!犬が快適に過ごせるペットホテルの選び方

犬を飼っているとお散歩はもちろん、一緒のドライブや小旅行を楽しむ人も多いでしょう。しかし、急な出張や冠婚葬祭で旅行をする場合は犬を連れて行けずに留守番をさせることもあります。そんな時に心強いのがペットホテルです。この記事では犬が快適に過ごせて、飼い主さんが安心できるペットホテルの選び方や料金、利用する前の事前準備についてまとめました。ぜひ参考にして下さい。

 

ペットホテルはどんなところ?

ペットホテルは、犬や猫などのペットを一時預かりしてくれる施設のこと。急な出張や冠婚葬祭に関する旅行など、どうしてもペットを連れていけない時に預けることができます。ペットホテルは一般的には犬が利用するというイメージがありますが、近年では犬猫両方に対応しているペットホテルも増えてきました。動物病院やトリミングサロン、ペットショップなどに併設しているホテルや、ペットホテル単体として営業しているところもあり形態は様々。買い物をしている間だけ一時お預かりをしてくれるサービスもあるため、必ずしも宿泊だけに使う施設ではないです。飼い主さんの事情に合わせて、柔軟性のある対応をしてくれるのがペットホテルの最大の魅力と言えるでしょう。

 

ペットホテルに犬を預けると、常にケージに入れておくと思われがちですが、すべてのホテルがケージを使っているわけではありません。確かに動物病院に併設しているペットホテルでは、犬はケージに入っていることがほとんど。病院に併設している場合は病気の犬が優先され、健康な犬は利用することはあまりないと言えます。ケージではなく個室が準備されているペットホテルや、部屋にサークルを設置し、複数の犬をまとめて一つの部屋に滞在させるユニークなシステムもあるようです。多頭飼いをしている飼い主さんや、他の犬と遊ぶことが大好きな犬にはサークルの利用も便利です。

 

ペットホテルでは預けた犬の食事や排泄の世話はもちろん、お散歩をしたりおもちゃで遊ばせたりして犬に気分転換をさせます。犬が少しでも快適に感じるように、ペットホテルは遊びを工夫しているところが増えています。例えば散歩は1日1回させるところがほとんどですが、1日2回させるところもあります。他にも犬をたっぷり運動させるためにドッグランを設置したり、たくさんの犬と遊ばせたりするなど、取り組みは多種多様です。

 

犬は元々群れを作って行動していた動物です。そのため家族である飼い主さんと離れて、慣れない環境にいることはとても心細いもの。犬にとってお留守番をすることは、寂しさと不安に襲われてストレスの原因になることでもあります。近年のペットホテルは、ただ飼い主さんから犬を預かるだけではなく、飼い主さんと犬に寄り添い、希望を反映したきめ細やかなサービスを心がけているところもあります。少しでも犬のストレスが改善できるように、性格や習慣を考慮してぴったり合ったペットホテルを選んであげましょう。

 

ペットホテルの料金はどれくらいかかる?

犬がペットホテルを利用する時の料金は、体格によって変わってきます。例えばトイプードルなどの小型犬は一泊3000円前後。ビーグルなどの中型犬は一泊3500円から4000円、ゴールデンレトリバーなどの大型犬は5000円から6000円ほどが一般的です。一時お預かりの場合は、小型犬が一時間500円から550円ほど。中型犬は一時間600円前後、大型犬は一時間あたり1000円前後と宿泊より料金を低く設定していることがほとんどです。しかし、一時お預かりでも一泊する料金と変わらない料金設定をしているところもあります。多くのペットホテルは自社ホームページを開設し、料金一覧を犬の体格やオプション別に掲載していますのでぜひ参考にしましょう。

 

ペットホテルはケージのみでお預かりするところから、ケージ・個室・サークルと豊富な部屋の種類から選択してもらうところまで幅広いです。部屋の種類が分かれている場合は、ケージの価格が一番低く、個室やサークルは価格が高くなることが多いです。ペットホテル利用前に犬をケージやクレートに慣れさせておくことは大切ですが、どうしてもケージやクレートを好まないのであれば個室やサークルの利用を考えてあげてもいいでしょう。

 

ペットホテルは、宿泊だけでなく各種サービスをオプションで行っているところもあります。トリミングやマッサージのサービスや、出張や旅行中の飼い主さんに画像付きメールを送ってあげるサービスも人気です。飼い主さんは留守中の犬の様子が気になるものですが、まだ幼い子犬やシニア犬を飼っている人は、免疫力が弱い年齢のため特に心配するようです。メール送信サービスは送信回数にもよりますが2回で500円前後がほとんど、トリミングやマッサージは宿泊料金とのパック料金になっていることが多いです。

 

ペットホテルは、設備が整っているところになればなるほど料金が高くなることは否定できません。しかし複数の犬を飼っている人は多頭飼いの割引が適用されることがありますし、ポイント制を採用して、貯まるとポイントの分だけ利用料金が割引されるペットホテルもあります。これらのサービスを上手く使ってお得にペットホテルを利用することがおすすめです。料金が安いことを強調したペットホテルは、ワクチン接種の証明書提示をしないなど衛生管理がずさんなところもあるため、料金の安さにだけこだわらないようにしましょう。犬を不衛生なホテルに預け、帰って来たら体調を崩した事例もあります。経済面を考慮することはいいことですが、犬を預けるペットホテルは清潔で管理が行き届いたところを重視して選んだ方が、犬の健康面から見てもプラスになります。

 

ペットホテルを選ぶ時の注意点

ペットホテルを選ぶ時に最も注意したいポイントは「動物取扱業」に登録しているかどうか。「動物取扱業」とは、2005年から動物愛護法に基づいて導入されたもので、ペットホテルだけでなくペットショップやブリーダーなど、動物を扱う仕事に就く場合は登録の義務があります。
「動物取扱業」に登録をする時は、ペットホテルを開業する都道府県知事、または政令市の長から許可を受けなければいけません。つまり「動物取扱業」の登録はそのホテルが良心的な経営をしているかどうかの目安になるのです。

 

登録しているホテルは通常フロントなどに許可証を掲示していますが、もし掲示されていない場合は「動物取扱業」の登録をしているかスタッフに事前に確認しておきましょう。登録がされていない場合は、別のペットホテルを利用した方が賢明です。次に気をつけたいのは、飼い主にワクチンや予防接種の証明書を提示義務づけているかどうか。犬は地方自治体が義務づけている狂犬病の予防注射を接種しなければいけません。それ以外にもパルボウィルスなど感染しやすく死亡率の高い病気を防ぐため、混合ワクチン接種も重要です。ペットホテルはたくさんの犬を預かる場所ですから、多くのホテルは病気が感染しないようにワクチン接種を重視しています。証明書提示を義務づけていないペットホテルは、むしろ犬が体調を崩す原因になりかねませんから利用を避けて下さい。

 

ペットホテルの多くは自社ホームページを開設し、ホテルの様子や料金表を提示しています。しかし、実際にペットホテルを見てみないと自分の犬にぴったりかどうかわからないこともありますよね。ペットホテルは見学可能なところを選ぶようにしましょう。犬が飼い主さんと離れている時間は、人間の数倍以上に感じるために大きなストレスがかかると言われています。もしペットホテルが犬に合わなかった場合は、帰って来てから体調を崩す危険性も否定できません。もし見学をお断りするようなホテルであれば、そのようなところは利用しない方がいいでしょう。

 

犬種によっては利用が制限される可能性も否定できません。例えば、大型犬の中でも土佐犬やドーベルマンなど、特に体格が大きい犬は利用をお断りしているペットホテルもあります。もちろんすべてのペットホテルが大型犬の制限をしているわけではありません。ペットホテルによって対応は異なりますので、大型犬を飼っている人は、自分の飼っている犬種がペットホテルを利用することができるか、事前に確認した方がいいでしょう。日本全国には5000件から6000件ほどのペットホテルがあると言われています。これだけたくさんの数があると、その中にはあまり良心的ではないペットホテルが含まれている可能性もゼロではありません。大切な犬を信頼して預けるためにも、ペットホテルを選ぶ時は紹介したポイントに注目しながら慎重に決める必要があります。

 

ペットホテルを利用する前に準備しておくこと

ペットホテルを利用する前に飼い主さんに最も気をつけて欲しいのは、犬にワクチン接種や予防接種をさせておくことです。良心的なペットホテルは、感染症予防のために犬のワクチン接種や予防接種の証明書提示を義務づけています。証明書がないと利用をお断りされますので、ホテルにチェックインする10日前までにはワクチン接種を済ませておきましょう。犬がかかる感染症は感染しやすいだけでなく死亡率が高いものが多いので非常に危険です。犬の健康のためにもワクチン接種は年に1回受けておくと安心です。ホテルを利用中に体調を崩さないようにメディカルチェックを行い、ノミ・ダニ・フィラリアなどの寄生虫を駆除する薬もきちんと与えておいて下さい。

 

ペットホテルの利用が決まったら、犬をケージやクレートに慣れさせておくようにしましょう。設備はペットホテルによって様々ですが、犬を個室ではなくケージやクレートに寝かせるホテルもあります。普段からこれらに慣れている犬は抵抗なく眠れるはずですが、慣れていない犬は飼い主と引き離されて閉じ込められたと勘違いすることがあります。繊細な性格の犬はストレスからずっと無駄吠えをしたり、スタッフに対して攻撃的になってしまったりする可能性も否定できません。そのような状況を防ぐために、普段から犬に留守番をさせる時はなるべくケージやクレートに入れましょう。犬の匂いがついた毛布やタオルを一緒に入れて、リラックスできる場所だと認識させることも大切です。

 

普段から飼い主さんと過ごす時間が多くてほとんど留守番をしない犬は、いきなりペットホテルに泊まると、飼い主さんがいないことに驚き、寂しがって鳴き続けることがあります。他にも食事を食べなくなる、トイレが上手くできないなど、普段自宅ではやらないような問題行動を起こしてしまう犬もいます。環境の変化に混乱した犬がいつもと違う行動をとってしまうのは無理もないことです。最初からいきなり長時間留守にすると、犬がかえって怖がってしまうので避けて下さい。犬のペースに合わせて、一人の時間にゆっくりと少しずつ慣れさせてあげることが大切です。

 

ペットホテルは犬のストレスを軽減させるために持ち込みを受け入れているところが多いです。普段から食べているご飯やおやつはもちろんですが、食事用の食器やお散歩するためのリード、犬の匂いがついたタオルや毛布など、犬が自宅で過ごしている時に愛用しているものを多く持参できるホテルもあります。犬が愛用しているものを持ちこむ時は、一緒に犬の性格や習慣、ごはんの一食分の量やトイレの仕方など、普段の犬について詳しく描いたメモを用意し、スタッフに渡すことをおすすめします。もちろんホテル側も事前に犬について聞くことはあるでしょうが、メモに記しておくと話の行き違いを防ぎ、犬が快適に過ごせる環境が作りやすくなります。

 

ペットホテルで働くスタッフは動物好きの人が多く、犬や飼い主さんに対しても理解を示してくれるでしょう。急な出張や旅行で犬を預けることになった時に強い味方になってくれるはずです。それでも犬について最も詳しいのはやはり常に一緒にいる飼い主さん自身。普段から留守番やケージに入ることに慣れていない環境にいると、ペットホテルに預けられた犬は突然のことで戸惑ってしまいます。スタッフはプロですが、普段の犬の様子はわからないので対応に迷ってしまうこともあるでしょう。可愛い犬のためにも、飼い主さんは事前準備を徹底し犬のストレスを少しでも和らげるようにしてあげましょう。

 

出張や旅行の時は犬が快適に感じるペットホテルを選んであげよう!

ペットホテルは急な出張や旅行が発生した時、犬を預けるために必要な施設です。利用する時は自分の犬にぴったりの施設内容やサービスのものを選んで上げましょう。預けるホテルが決まったら、犬のために少しでもお留守番の状態やケージに慣れさせるようにしてあげて下さい。飼い主さんが犬を理解し、事前準備をしてあげることで犬にとってもプラスになります。ぜひ犬にぴったりのペットホテルを選んで活用して下さい。