猫にもトリミングは必要!猫にぴったりのトリミングサロンの選び方

トリミングとは、犬や猫の被毛をシャンプーしたり、カットをしたりして美しく保つことです。猫は毛づくろいや爪とぎをこまめに行うため、トリミングは必要ないと思っている飼い主さんはいるかもしれません。しかし、猫の種類や状況によってはトリミングをしてあげた方がいい場合もあります。この記事では猫のトリミングの必要性や、トリミングサロンの選び方や料金、利用するときの注意点についてまとめました。

 

猫にトリミングは必要なの?

トリミングとは、動物の被毛をブラッシングやカットをすることで美しく保つこと。爪切りや耳掃除、肛門腺しぼりなどのケアはグルーミングと言いますが、近年ではこれらをまとめて「トリミング」と呼ぶこともあります。トリミングは一般的に犬が行うイメージが強く、猫にトリミングは必要ないと考えている人は、実際に猫を飼っている人を含め多くいるようです。なぜなら、猫はこまめに毛づくろいをしたり、爪とぎをしたりして常に清潔な状態を保っているからです。

 

実は猫にとってトリミングは決して不要なものではありません。確かに猫は頻繁に毛づくろいをしていますし、肌はデリケートなため、シャンプーは1年に一回の頻度でも問題ないです。しかしメインクーンやペルシャ猫などの長毛種は、毛づくろいをしてもケアが行き届かずに汚れが残ったり、脚の間や脇の部分の毛がもつれて毛玉ができたりすることがあります。イエネコやアメリカンショートヘアなどの短毛種でも、抜け毛が多くなる時期は毛を飲み込みすぎて嘔吐するだけでなく、毛球と呼ばれる塊になりお腹にたまってしまうことも。毛球は腸閉塞を引き起こすなど命にかかわり、そうなると開腹手術でしか取ることができません。

 

猫は自分で身づくろいする動物ですが、飼い主さんもブラッシングや爪切り、耳掃除などをしてあげる必要があります。ブラッシングは抜け毛を取り除き、毛玉を飲み込む防止に繋がります。猫はよく爪とぎをしていますが、これは爪の表面にある古い角質を取り除くだけで爪が短くなるわけではありません。猫の爪をそのままにしておくと、巻き爪になって肉球を傷つける可能性があります。それを防ぐためにも飼い主さんが2週間から3週間の間隔でカットしてあげることが大切です。

 

立ち耳の猫は耳掃除を頻繁に行う必要はありませんが、垂耳のスコティッシュフォールドなどは耳の中が汚れやすくなるので、定期的に耳掃除をしてあげなければいけません。また、猫によっては肛門腺のケアも重要です。猫は便を排泄すると同時に肛門腺液という分泌液を排出しますが、生まれつき肛門腺液を上手く出すことができない猫もいます。肛門腺液が分泌できないと病気の原因になるため、肛門の左右にある肛門腺を押して液を出してあげる必要があります。しかし肛門腺は猫によって微妙に位置が違うため、コツがわからないうちは的確な位置を押してあげることは至難の業。飼い主さんが猫の体をケアしてあげる必要はありますが、猫自身がケアを嫌がってしまい、なかなか上手くいかないと悩んでいる人も多いようです。

 

そんな時に強い味方になってくれるのが、トリミングサロンの存在です。トリミングサロンでは、ブラッシングやシャンプーはもちろんのこと、毛玉カット・爪切り・耳掃除・肛門腺しぼりなど飼い主さんが普段から悩んでいるケアをしっかり丁寧に行ってくれます。警戒心の強い猫は、たとえ飼い主さんであっても体を触らせないことがあります。そうなると自宅でケアをしてあげたくても上手くいかず、猫と人間両方にとって大きなストレスになってしまいます。そんな時には無理に頑張らず、プロのトリマーにお願いして、サロンでトリミングしてもらいましょう。トリミングサロンのケアは猫の健康管理のために必要です。

 

猫にぴったりのトリミングサロンとは?

猫のケアをトリミングサロンにお願いする時は、猫の扱いに慣れていて良心的なサロンを探すようにしましょう。猫は家につく動物とよく言われるように、環境の変化にとても敏感で犬のようにおとなしくするようしつけをするのも難しいです。猫の扱いに慣れていないサロンに預けると、パニックを起こして暴れてしまい、予想外の事態を引き起こすこともあります。そのような状況を避けるために、トリミングサロンの見極めはとても大切。近年では猫を飼う人が増加しているため、猫専用を謳うトリミングサロンも増加しています。また、犬猫兼用サロンでも完全予約制で他の犬や猫とは接触させないように個室で施術するところもあります。トリミングサロンの公式ホームページや口コミなどでサロンの内容を確認してもいいでしょう。

 

猫の扱いに慣れたサロンを見極めるひとつの目安は、猫のトリミングを行っているとお店のメニューに明確に表示しているかどうかです。トリミングのメニューが犬中心で、「猫のトリミングもやっています」と小さく表示されている場合は、猫の扱いに慣れていない可能性がありますので避けた方がいいでしょう。猫によっては犬が苦手な場合もあります。犬の施術が中心のトリミングサロンですと、猫は犬の鳴き声や匂いで恐怖心を感じてしまい、トリミングサロンに行くことが嫌いになる可能性もあります。猫は強いストレスで体調を崩してしまうことがありますので、トリミングサロンに行って体調を崩すようなことがあってはいけません。可能な限り猫専用のトリミングサロン、または完全個室のトリミングサロンを選んであげましょう。

 

トリミングサロンによっては、パニックを起こして暴れる猫でも施術できるように、スタッフを増員して保定するサロンや、あらかじめ麻酔をかけてから施術するサロンもあります。しかし、麻酔は猫の体に大きな負担をかけてしまう恐れがあります。もし麻酔を使用するトリミングサロンであれば、動物病院と併設されているところを選びましょう。動物病院であれば、もしトリミングの時に麻酔を使用する場合も、安全な状態で施術を行う確率が高くなるからです。また、獣医さんがトリミングの前に猫の体調をチェックして、トリミング可能かどうか判断してくれますので信頼できます。動物病院に併設されていれば、トリミングで猫の体を清潔にしてくれるだけでなく、健康診断やワクチン接種を受けた後でトリミングを受けることができるサロンもありますので、猫の健康管理に最適だと言えるでしょう。

 

家の中では大人しい猫も、トリミングサロンに行くと戸惑ってパニックを起こしてしまう場合があります。トリミングは猫の被毛を美しくする美容的な側面もありますが、健康な状態を保つためのケアをするのが第一です。だからこそ猫も飼い主さんも安心して施術が受けられるよう、しっかりとした対応をしてくれるトリミングサロンを選びましょう。

 

猫のトリミングサロンの料金はどれくらい?

一般的な猫のトリミングサロンの料金は被毛の長さによって異なるところがほとんど。イエネコと呼ばれる雑種の猫やアメリカンショートヘアなどの短毛種であれば5000円から6000円前後、メインクーンやペルシャ猫などの長毛種は6000円から8000円前後が相場です。トリミングサロンによってはスコティッシュフォールドやソマリなどの種類は中毛種として扱い、短毛種・長毛種の中間として位置付けているところもあります。中毛種は8000円前後が一般的です。

 

トリミングサロンの提示している料金はシャンプーとカットを中心にしたコースがほとんどで、爪切りや耳掃除、ブラッシングなどは別コースとして設定されているか、オプションとして設定されているのが一般的です。その場合は各メニュー1000円前後になっています。猫がどうしてもトリミングを嫌がって暴れてしまう場合は、猫を保定した料金が発生する場合もあります。こちらもオプションとして取り扱われ1000円前後になりますが、保定を行った時間によって金額が加算されるサロンもありますので、事前に確認しておきましょう。

 

動物病院に併設されているトリミングサロンの料金は、短毛種が6000円以上、長毛種が8000円以上と一般より少し高めに設定されています。先に述べたように、動物病院に併設されているトリミングサロンは、猫が暴れてしまう場合は麻酔をかけて眠らせてから施術を行う場合があり、麻酔を使った施術は料金に麻酔代が加算されます。トリミングサロン全体に言えることですが、基本メニューにオプションを追加すると、最終的に合計金額が10000円前後になることもあり、決して安い料金ではありません。しかし猫にトリミングを施すことで、皮膚病の早期発見など思わぬ結果につながることもあります。

 

自宅ケアで上手くできなかった耳掃除や爪切り、肛門腺しぼりなどのケアを行ってもらうことは病気の予防にもつながります。これらのケアを怠るとケガや病気の原因になり、かえって医療費が高くついてしまうこともあるからです。一見高く見えるトリミング料金ですが、猫の健康面を重視すると必要な費用だと言えるでしょう。

 

トリミングサロンを利用するための注意点

トリミングサロンは猫の健康を守るために欠かせない存在ですが、利用する時は飼い主さんも猫の健康に気をつけることが大切です。サロンの利用する前にまず行っておきたいのが、ワクチン接種や予防接種などです。猫は犬のように地方自治体から狂犬病ワクチン接種は義務付けられていませんが、多くの猫が来店するトリミングサロンを利用する時は、必ずワクチンや予防接種を行ってからにしましょう。動物病院と併設されているトリミングサロンはワクチン接種を義務づけているところがほとんどです。病院と併設されていなくても、誠実な対応をしているサロンは利用する猫のワクチン接種を重要視しています。また、ワクチン接種へのこだわりはトリミングサロンを選択する一つの基準になるでしょう。動物病院に併設されているサロンであれば、ワクチン接種後からどれくらいの期間でトリミングが受けられるか確認できますので、猫の健康管理の目安にもなります。

 

他にも注意しておきたいのはノミやダニのチェックです。外で遊ぶことの多い猫はもちろんですが、ノミやダニは人間の服について室内に入り込むこともありますので、完全室内飼育の猫でも気をつけておきましょう。ノミやダニは猫の体から飛び出て他の猫に寄生するだけでなく、人間の血を吸うこともあります。トリミングサロンによってはノミやダニがいる場合は施術を中断することがあります。それだけでなくサロン内のクリーニング料金として別途高額請求される自体が発生することも。それだけノミやダニは広まりやすく、他の猫や人にも大きな迷惑をかけてしまうのです。ただし、ノミやダニは専用の駆除薬で殺虫することが可能です。病院で処方することができますので、トリミングをする前に相談してもいいでしょう。

 

その他注意したいのは利用する猫の年齢です。1歳を過ぎた猫はワクチンや寄生虫などがいなければトリミングサロンに連れて行っても問題ありませんが、子猫は免疫力が未熟です。そのため自宅でお風呂に入れるのも生後1ヵ月以降がベストだと言われています。幼い子猫がトリミングを行うと体調を崩してしまう可能性もあります。子猫がトリミングサロンを利用する時は事前にスタッフに相談するようにしましょう。動物病院と併設しているサロンの場合は、いつごろからトリミングサロンが利用可能か確認するのもいいでしょう。

 

猫は7歳以上になるとシニア期に突入し、人間の年齢に換算すると50歳前後の年齢になります。この時期は少しずつ老化が始まってくる年頃です。免疫力が低下したり、自分で身づくろいができなくなったりするなど、体調の変化を訴えてくる猫も増えてきます。猫が自分で体を清潔にするのが難しいため、トリミングサロンを利用する飼い主さんもいるでしょう。ただし、持病が出やすい年頃でもあるので、事前に猫の年齢を伝え、トリミングサロンのスタッフや動物病院としっかり連携をとることが大切です。

 

トリミングサロンは猫の健康を守るために強い味方になってくれますが、それにはやはり飼い主さん自身が家族である猫を理解し、大切にしていないといけません。ワクチン接種やノミ・ダニの駆除などは、猫が清潔で健康な生活を送るために必要なことです。これらのことに気をつけながら、大切な猫を安心して施術してもらえるトリミングサロンを見つけましょう。

 

トリミングサロンを活用して猫の体を清潔に保ってあげよう!

トリミングサロンは犬が利用することが一般的なイメージですが、猫も体の状態を清潔で健やかに保つために必要です。トリミングサロンを利用することで、猫の体の変化に気がつくこともたくさんあります。猫は環境の変化を嫌いますし、とてもデリケートでストレスを感じやすい動物ですが、そういった特性をきちんと理解し、良心的な対応と料金で開いているトリミングサロンが増えてきています。ぜひ利用を検討してみましょう。